プチ整形、沖縄での捉えかた

もっとキレイになりたい、もっと美しくなりたいという思いは、今も昔も女性の変わらない願いだと思います。

その願いに応えるべく、テレビや雑誌ではさまざまな美容特集が組まれているのを目にします。

素肌をもっときれいにするための洗顔や保湿のしかた、メーキャップで長所をより生かし、気になるところをうまくカバーするためのテクニックなど。

そして、最近はクリニックでの「プチ整形」

が話題となっています。

医療行為で、より本格的に美しさにアプローチできるので人気が高まってきているのです。

海外では以前より人気が高く、価格も手ごろでわりと一般化していましたが、日本では、医療行為をしてまで、という抵抗感も手伝って海外ほどには浸透していませんでした。

そんな中、沖縄は基地もあったりして海外の情報が入りやすかったせいか、本土よりも早く認知されていたようです。

沖縄は外国の人の割合が多いですので、実際にプチ整形した人に会ったりして「実例」

を見ることで、抵抗感も薄かったのかもしれませんね。

沖縄でプチ整形、と聞くとちょっと意外なイメージというか、対極にあるもののようにも思えませんか?

沖縄という言葉からは青い海や緑の木々など、手を加えない自然そのもの、というようなイメージがわきますよね。

いっぽう、プチ整形と聞くと、「プチ」

とはいえ元あるものに手を加える、人工的なイメージがして正反対に思えたりします。

でも、島国独特のおおらかさというか、小さなことで悩んだりせず、どんと構えて受け止めるような懐の深さが、プチ整形が受け入れられている理由のひとつのような気がします。

毎日をできるだけ楽しく、笑って過ごしたい。

そのためにできることをする。

沖縄の人々からはそんな印象を受けます。

余計な抵抗感さえ持たなければ、プチ整形はもっと身近で、ハッピーになれるものなのかもしれません。

実際、沖縄のこちらのクリニックは、老舗といわれるほど長い間地域の人たちに親しまれており、いかに身近な存在であるかがよくわかります。

沖縄で出来るプチ整形

きれいになりたい、というシンプルな思いを大切に、あなたも新しい自分を発見してみませんか?